【体験】リラックスヘッド 秋葉原~アキバとは思えないオシャレで落ち着いた空間で本格マッサージに癒される~

こんにちわ。鈴木です。

秋葉原といえば

外国人に人気な観光地であり

電気と萌えとビジネスの街。

そんなイメージを払拭するような

ラグジュアリーな空間を提供してくれる

今回、訪れたのは

リラックスヘッドです。

このお店、ビルの最上階(10階)にありまして

ガラス張りの店内からは

秋葉原の街を見下ろすことができます。

夜になると、オシャレな夜景が楽しめます。

あれ?ここ、六本木だっけ?

と錯覚するような空間。

コンセプトに

「都内の喧騒を忘れる異空間」

「バックに流れる音楽やオーディオの音質にもこだわり、精油(アロマ)の香りに包まれた至福の時間を過ごせます」

と掲げていまして

店内は落ち着いた雰囲気でオシャレ。

私の知ってるアキバと違う・・・

ここ、本当に秋葉原ですか?

お支払いですが

ボディコース60分で、8,530円(税込)。

ホットペッパービューティーにクーポンがあります。

 

場所ですが

最寄駅は末広町です。

駅を出るとある大きな交差点

その角にあるビルです。

駅から徒歩1分かからないです。

中に入ると、受付で

女性店員さんが

丁寧に対応してくれます。

出会ってスグにわかる

接遇レベルの高さ。

この時点で、はやくも

ラグジュアリーを感じます。

お支払いをして

施術表に記入して

施術ルームに。

今回はボディコースなので

ベッドのある個室です。

ちなみに、ヘッド&アイコースの場合

リクライニングチェアで

外が一望できる空間での施術になります。

なんて贅沢な空間だろう。

個室に入ると

施術着に着替えます。

着替えて、さっぱりしたところで

顔部分に穴の空いているベッドに

うつ伏せに。

今回担当してくれた

女性スタッフさんは

優しく、丁寧で

落ち着いた雰囲気の

おキレイなお姉さんです。

接客や対応も良く

まさにコンセプト通り。

今回のボディコースですが

サイトで「ヘッドとボディの融合」とある通り

30分ボディのマッサージ

30分ヘッドのマッサージ

となっています。

この時間の割合は

変更することも可能です。

今回は変更せず、そのままで。

マッサージの強さについて聞かれて

普通でと答える私。

そして、背中と足にタオルをかけられ

施術スタートです。

 

まずはボディのマッサージ。

けっこう力強い

本格的なマッサージです。

凝っている場所は

痛気持ちよくて

凝ってない場所は

心地よいです。

肩が凝り固まっている私は

「うあー、いたいー」

ってなりながらも、さっぱり。

凝ってない場所のときは

「うはー、気持ちいいー」

となって、ほっこり。

この繰り返しが心地よくて

無意識のうちにヨダレが・・・

あ、ヤベッ・・・

すみません、床に垂らしちゃいました。

 

次はヘッドのマッサージです。

仰向けになって

体と足にタオルをかけられます。

そして、目には温かいタオルが。

あー、これ、癒されます。

頭のマッサージも力強い

ですが

心地よい揉み心地で

気持ちいいです。

ああ、気持ちいい・・・

・・・・・

zzz

・・・・・・

ふがぁッ!

私、寝てしまいました。

寝るのと起きるのを

何度も繰り返す私。

言い訳ではないですが

目を閉じている状態で

目がほっこり温かくて

体にはタオルがかかっていて

寝ている体勢で

気持ちいい頭マッサージなんてされたら

寝ます

これは寝ます

・・・はい、言い訳です。

でも、正直

この寝たり起きたりを繰り返すのって

とっても気持ちいいんですよね。

 

そして施術終了です。

ああ、気持ちよかった。

頭も体もスッキリです。

体も心なしか、軽くなった気が。

目もパッチリ。

よく寝たからかな(爆)

私服に着替えて

鏡のある場所へと移動します。

この時、外が一望できるのですが

秋葉原の夜景ってオシャレでキレイ。

髪を整えて

おしぼりで手を拭いて

受付に移動。

またまたお茶をいただきまして

エレベーターに。

すると、エレベーターの扉が閉まるまで

お見送りしてくれました。

嬉しいですね、こういうの。

これにて終了です。

ここで、まとめます。

私、何軒かヘッドマッサージのお店に

訪れましたが

どのお店も、お客様に

特別な何かを提供する

工夫や努力をしています。

このお店場合は、コンセプトにあるとおり

「都内の喧騒を忘れる異空間」

を提供してくれます。

実際、お店を出ると

「あ、いつもの秋葉原だ」

と、元の世界に帰ってきたような

錯覚を覚えます。

まさに異空間に行ってきた気分です。

というわけで

以上となります。

 

リラックスヘッドはコチラ