【コラム】髪型の悩みを解決してくれた雑誌。

栗坊です!
秋は毛がよく抜ける季節ということでしたが
今年、秋短いですね。
頭皮も困ったんじゃないでしょうか。

「お、おい!今は秋じゃないのか!?
暑い日があったり雨の日ばかりだし
そんなこんなでもう寒い!冬じゃないか!
いつ毛を抜けさせればいいんだ!
仕方ない。来年に持ち越しだ!

 

って、そんなわけはないのですが(汗)
頭皮的にサイクルが自然に進まないのは
きっとよくないことがありそうだし、
四季を感じられなくなるのって
寂しいですねぇ。
大丈夫かな、頭皮&地球。

さて、前回の予告通り
今回は坊が救われた
ヘアカタログの雑誌を
紹介したいと思います。 
3年ほど前のものなので
ご存じの方が多いかもしれませんね。

極力行きたくなかった、美容院

坊は学生の頃、床屋でカットしていました。
大学生ぐらいから
少し色気づき始めて(照)
美容室行き出しました。

ただ、昔から
髪は気になっていたので
抵抗はありました。
極力行きたくなかったんですよね。
床屋や美容院。

そして一念発起。
もう悩んでいても仕方ない!
と20代半ばには丸坊主へ。

坊は幼い頃からつむじあたりが
超強烈な台風の目のごとく
ぽっかり空いちゃっていた
のですが
坊主にしたら全然気にならなくなりました。

逆に、でこも広いので
前頭部の様子から
「ハゲ」と言われることが
増えましたね。。
後ろから前へターゲットが動いたのです。
これは予想外。

でも、それまで後ろをずっと
気にしていたので
前にターゲットが移ったのは
このときはそれほど
気になりませんでした。
余裕をもって対応できるように
なりましたね。

結果、
坊主で悩む金も時間も
大幅削減できました!!

フフフ

坊の頭でひとつ救いなのは
形がいいと褒められるのです。
坊主は結構似合うんですね~(照)

坊主で悩み解消もつかの間。一丁前にわく、お洒落欲

坊主にして10年ぐらい経過した頃。
坊はこの間に結婚をしたのですが
とある日、
新婚旅行で沖縄に行った時の
写真を眺めていると
ふと、一枚の写真に目が止まりました。

海をバックに、
妻が僕を撮った一枚の写真。

燦々と輝く太陽。
そして、
それに負けず劣らず
輝く、坊のでこから前頭部に。

か、髪ないやん。。。

どっちが太陽かわからんぐらい
テカーンとしている坊の頭。
実際少し髪はありますが
陽の光&坊のデコの輝きが
強すぎて消えちゃってる。

年率数%ずつ拡がっていく
坊のデコ。
全国の銀行さんに
見習ってほしいぐらいですよ!

もうね、気づいたら
坊の写真の顔、
でこしかないんです。
上目遣いのアングルなら
まだ判別できるけど
坊上目遣いなんてしたくないし。

そして思ったんです。
これじゃつまらんな、と。
どうせはげるにしても
もっとお洒落したいなぁと。

坊はね、
バレンタインのチョコもらったことないし
(※妻と親戚のおばちゃん以外)
頑張ったって仕方ないんですけど
「男としてかっこよくありたい欲」が
一丁前にあるんですねー!

ネットで
「ハゲ オシャレ」
「ハゲ 似合う 髪型」

とかよく検索しました。

けど、坊の悩みを解消してくれる
情報とは出会えませんでした。
出てくるのは
「なんだ。全然ハゲてない。」
「ふさふさじゃないの。」
という方々ばかり。
あとは、外国の有名人、とか。

坊並に抜いたろか。
そしてからまたやってみてよッ!!
とよくワナワナしたものです(遠い目)

よく立ち寄るあの場所で、突然の出会い。

なかなか自分に似合う髪型と
出会えずにいたとある日。
出会いは突然に。

それは、コンビニでした。

「30代からのリアル
薄毛&白髪を活かす
ヘアスタイル」

というコピーと共に
お洒落なモヒカン姿の男性が
表紙の本。

直感的に手に取って
中をめくってみると、
お洒落かつ個性的な髪型の人たち。

ビフォーが
しっかり載っているのですが
これが、
坊の理想的なビフォーの人
多かったのですね。
(理想的なビフォーの人
=若干ハゲ&モデル並みのモデルじゃない→失礼)





こ、こ、これだ。。。
坊が求めていたものは、これだ!!!



実は一回、本のラックに戻しました。
買うの恥ずかしくて。
ビビりなんです。自意識過剰なんです。
「こいつ、薄毛気にして
こんなの買っていやがる」
と店員さんに思われるのが
怖かったんです。

でも、ずっと忘れられなくて
結局アマゾンで購入しました笑
便利な世の中に救われています。

いろいろなパターンの髪型が載っていて
面白いですよ。装丁もお洒落だし。

モデルさんは
自分よりは若干髪があるのだけど
かっこいい人ばかりじゃないし(本当に失礼)
とても実用的だと思います

美容師さんにアタック!今や予約が取れない美容院。

この本を読んで
著者の美容師さんに
恐る恐るコンタクトを取ってみました。
何度かのやりとりを経て
安心できるご対応を頂いたので
行ってみました。
今でも定期的に通っています。

ただ、
お1人でやられているところで
今や予約は半年先まで一杯。
坊はもう予約を取るのをやめました
Twitterでキャンセルのお知らせが
ちょいちょいあるので都合の合うときに
メッセージを送ってお願いしています。

「予約が入っている間は
元気に営業しなきゃいけない。
体壊してしまって
予約キャンセルしてしまうのは
申し訳ない。」

今はお店の名を広めたい
という気持ちはあまり
なさそう。

というわけでお店は伏せます。
雑誌見ればわかっちゃいますが笑

Amazonのレビューもよいことばかり
書かれている
ので、坊と同じように
救われた方がたくさんいるようですね!
他のヘアカタログよりは
数は少ないですけど、
質は抜群によい
と思います。
髪の量がどのような段階かにも
よるとは思いますが。

で、結局どんな髪型にしてもらったか
なのですが・・・
またダラダラ長くなるので
次回へと続こう、かな?

続く
チャンチャン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です